タグ「Bootstrap」が付けられているもの

AngularでBootstrapを使うライブラリとして、以前の記事では、UI Bootstrapを紹介しました。

最近、AngularStrapも使ってみたので感想を書いておきます。

AngularStrapは初期の頃に名前を聞いたことがあるような気がします。確か、bootstrap v2の時代に。今では、AngularStrapもv2になってjQuery依存がなくなりました。いい時代の流れです。

さて、AngularStrapはUI Bootstrapと比べると根本的な設計思想は似ています。どちらも、bootstrapのcssだけ再利用して、javascript部分は作り直し、jQueryには依存しない、Look&Feelのカスタマイズ性を考慮している、と言ったところです。

しかし、使ってみるとだいぶ考え方に違いがあるような気がします。 UI Bootstrapはできるだけシンプルにbootstrapのcssを使えるようにしている一方、AngularStrapはbootstrapのcssをベースにしてよりリッチな機能を提供しようとしているようです。最大の違いは、アニメーションのサポートでしょうか。

簡単な例として、Alertの違いを見てみます。最初は、UI Bootstrap。

<alert type="{{alert.type}}" close="closeAlert(alert)">{{alert.content}}</alert>

これだけです。ng-repeatを使う例がドキュメントに載っていますが、直感的です。ng-showとも組み合わせられます。

次に、AngularStrapです。いろいろあるようですが、attributeを使う例。

<button class="btn" title="{{alert.title}}" data-content="{{alert.content}}" data-type="{{alert.type}}" bs-alert>Show alert</button>

buttonではなくdivで直接表示しようと思いましたが、できませんでした。ドキュメントではできそうなので、何か間違えているのかもしれません。 ng-showは使わず、オプションか属性でshowフラグを指定します。このあたり思想が異なる感じです。durationとか指定できるのは便利です。 alertは単純な機能なので、そこまで違いませんが、他の機能はもっと違いがありそうです。

個人的には、ui-bootstrapの方が使いやすいです。しかし、AngularStrapでアニメーションが簡単に使えるのも魅力的です。使い分けることにします。

人に勧めるのはどちらがよいか迷います。勉強が目的ならui-bootstrapでしょうか、リッチな機能が欲しいならAngularStrapでしょうか。

AngularのUIライブラリにUI Bootstrapを使おう

  • 投稿日:
  • by

AngularJSの流れにちゃんとついていくためng-europeをyoutubeで見ようと思い始めて一ヶ月が過ぎてしまいました。 まだ全部は見ていませんが、今日は一本見ました。興味深かったので記事にします。

https://www.youtube.com/watch?v=tfVA1syv-3o

AngularUIのui-bootstrapのお話です。 単にラップするわけではなくAngular流に作られているのと、カスタマイズ性を重視しているあたりは参考になります。

ui-bootstrapはBootstrap 3のcssのみを利用していてjavascriptの部分は全部書き直しているようです。つまり、jQuery依存もなしです。

ちょっと昔話を。当初、Bootstrap 2を使っていたのですが、クラス名などがどうも好きになれず、その後inkというcssフレームワークを見つけて 、しばらく使っていました。

その時から、inkのcssのみを使ってコーディングしていました。ロジックが必要な場合はAngular側で自前で作ってました。 例えば、カレンダーも当初はAngularUIのui-calendarを使っていましたが、 jQuery依存に抵抗があったため、カレンダーも単純な機能ならinkで自前で実装していました。

その後、Bootstrap 3が登場し、クラス名がinkのようにシンプルになったので、少し気に入ってBootstrap 3を使い始めました。でも、cssだけで、jsは使いません。例えば、alertもロジックはangularで自前で書いていました。と言っても、あまりコーディング量は多くなく、特に困っていません。

さて、話を戻しますと、ui-bootstrapは上記でやっていたようなことをちゃんとやっているような印象です。cssだけを使って、ロジックはangular用にdirectiveを設計してあるようです。 alertを見る限りでは単純なので自前で用意しても変わりませんが、他の複雑な機能はui-bootstrapのdirectiveを使うとだいぶ楽できそうです。

というわけで、jQuery非依存のui-bootstrapはおすすめです。

InKというレスポンシブCSSフレームワーク

  • 投稿日:
  • by

Bootstrapもいいのですが、ちょっと巨大すぎるので、代替品がないかなと思って探しました。

要件は、

  • スマホでも使えるようにレスポンシブ対応
  • あまりできることは多くなくてよい、ボタンとかフォームとかの見た目がきれいになればよい
  • できれば、CSSだけでJavaScript不要のフレームワークがよい

といったところです。

色々探しましたが、有名どころでJavaScript不要と言う要件を満たすものはあまりなく、結局見つけたのがこれです。

レスポンシブ対応のサイトをサクッと作れるフレームワーク『InK』

http://ink.sapo.pt/

この「InK」というネーミングですが、何が困るって、検索キーワードとして使えないことです。Google検索すると、"do you mean link?"とかなってしまう。そんなわけで、使用感などのレポートが見つからなかったです。どれだけ有名なのかもよく分かりません。

また、日本だと、

http://d.hatena.ne.jp/keyword/InK

と混同しそうです。

さて、話を戻すと、Inkは要件を満たしています。全体的な設計がシンプルで、CSSだけで構成されていていい感じです。早速ちょっと使ってみて感じたのは、レイアウトの指定が面白いということです。Bootstrapだと12 spanでfixedとfluidがありますが、Inkだとパーセント指定です。また、fixedはなくてfluidだけのようです(未確認)。fixedも使いたいケースがあるので、それは残念なところです。で、面白いのは、「Multiple Layouts」というレイアウトの指定方法です。これは、CSSのメディアクエリを3通り用意して、それぞれのレイアウトをCSSのクラス指定で定義するのです。

うまく説明できないので、サンプルを。

<div class="ink-l50 ink-m50 ink-s100">
  エリア1
</div>
<div class="ink-l50 ink-m50 ink-s100">
  エリア2
</div>

このようにすると、大画面と中画面では、エリア1とエリア2が横に並んで2カラムのレイアウトになり、スマホなどの小画面では、エリア1とエリア2が縦に並んで1カラムのレイアウトになります。ちなみに、大画面、中画面、小画面が、それぞれ、"l", "m", "s"に対応します。

あと、Bootstrapで困っていたレイアウト時のスペース追加も、Inkではink-vspaceink-gutterで解決しそうです。もっとも、細かい制御をするときは結局CSSを書くことになりそうですが。

とりあえずは、レイアウトだけ試して満足しました。